将来への不安

FX用語

何を始めるにしても用語から。FXにおいてもかなりの分からない用語が出てきますが、特に気になった用語を調べてみました。

FX(外国為替証拠金取引)は土日以外でしたら24時間やっているそうです。
まずポジションとは自分の外貨の保有状態のことです。
外国為替=外国のお金を取引することで、チャートという値動きを折れ線グラフのようなもので表示しているもので、その動きが今後の取引を左右する指標になるものです。
少ない元手資金でも取引が可能なのが魅力のFXですが、レバレッジは証拠金を預けることでその少ない元手資金を最高25倍にして取引ができる、というものです。
初心者の私からするとかなり恐ろしい戦い方な気がしますが、確実な戦略や先読みで高い利益を出すことができそうです。

稼げますか?

FXをやるからには利益を出したいですよね。
しかしまず確実に利益を出すためには大きな利益を望まず、堅実に取引を重ねていくことです。まずは自分のメンタルを強くすることです。
そして自分の戦い方を見極めることが大切です。
FXには、主に3つのトレードスタイルがあり、取引時間や向いている人などが分かるので自分にあったものを選びます。
1回のトレードが数秒から数分で短期勝負型のスキャルピング、短時間での判断やチャートを頻繁にチェックできる人向けです。
1回のトレードが数時間から1日で基本は日をまたいでのポジション保有はしない取引をデイトレードといいます。
1回のトレードの長さは数日から長いと数年もある長めのトレードをスイングトレードといいます。ファンダメンタルズという国の経済状態などを表す指標の分析も必要で、毎日発生するスワップポイントも長期取引には大事なものになります。